チューハイ?サワー?

お酒が苦手な人や若い女性でも飲みやすいチューハイやサワーやカクテル。同じような感じだけど何が違うか知っていますか。
そもそもは全て同じカテゴリに分けられます。どれも焼酎やウォッカに、果汁やリキュールを入れた飲み物で、炭酸水が入っているものもあります。
法律でこうしてくださいという決まりはないので、チューハイですと言えばチューハイで、カクテルっていえばカクテルになるわけです。確かに違いを挙げろと言われても、チューハイは辛めのものが多い気がしますが、カクテルにもさっぱり系の味もあるし、炭酸は全て入っているから、よくわからないというのが現状です。あえてコレが違いとすれば、チューハイは一つの果汁が入っているもの。カクテルは複数の果汁やリキュールを使っているものが多く見られます。シンプルに飲みたいときはチューハイを、いろいろな味を楽しみたい・冒険したいときはカクテルがおすすめです。また、チューハイはスッキリした味わいのものが多いので、甘いお酒が苦手な人や辛めのお酒を楽しみたい人はチューハイ、甘めが好きな人はカクテルを選ぶのがいいとされています。
そしてサワーに関しては、本当にチューハイと区別をつけるのが難しいです。見た目も飲んだ感じもほとんど違いは見られません。
実はサワーはチューハイと同じようなもので、そもそもの語源は英語のサワーからきています。サワーは「酸っぱい」「酸味がある」という意味です。そのため、日本では柑橘系の果汁を使った炭酸系のお酒という認識です。チューハイでも柑橘系のものはありますので、呼び方が少し違うけれど同じものと思ってください。
サワーとチューハイはほぼ変わりがないからか、地域で呼び方が違うだけともいわれています。だいたい東日本ではサワーと呼んでいて、西日本ではチューハイと呼んでいるお店が多いです。例えば東京で関西の人が居酒屋に入ってサワーってなに?チューハイないの?という場面がけっこう見られます。サワーならあるからと頼んでみたら、チューハイで驚いた経験をする人もいるのです。
名前が違うだけで基本的に全部一緒と覚えていいならば、居酒屋で頼むときや自分で買うときにも悩みませんね。最近はチューハイもサワーもカクテルも、全て缶で買えるので便利になりました。どれにしようか悩んだとき、だいたいは全部同じものだけれど知っておくとなんとなく選ぶときにも役立つかもしれません。

■マイベストチューハイ/「キリン本絞り

Copyright ©酒好き女子が教えるお酒の種類と楽しみ方 All Rights Reserved.